play_circle_outline
Previous Next

データサイエンス講義導入:生物科学研究におけるデータサイエンス-発生生物学研究を例に-

講義概要

本講義では、生物化学研究におけるデータサイエンスの重要性について、シングルセルトランスクリプトーム解析を用いた発生生物学研究を例にして解説する。

プロフィール

堀江 健生 生命環境系下田臨海実験センター
2007年 姫路工業大学(現、兵庫県立大学)理学研究科生命科学専攻博士後期課程単位取得後退学。2007年兵庫県立大学生命理学研究科において論文博士(理学)を取得。筑波大学下田臨海実験センター研究員、日本学術振興会特別研究員PDを経て、2011年より現職。専門は、動物生理学、発生生物学、ゲノム生物学。尾索動物ホヤをモデルとして、脳・神経系の発生とその生理機能に関する研究を行っている。

Dr. Takeo Horie received a Ph.D. degree from the Graduate School of Life Science, University of Hyogo, in 2007. From 2007 to 2011, he was a postdoctoral researcher at Shimoda Marine Research Center University of Tsukuba. Since 2011, he has been an assistant professor at Shimoda Marine Research Center University of Tsukuba. His research interest is animal physiology, developmental biology, and genome biology. He has been studied the development and function of the brain/neural circuit in the ascidian as a model system.

公開