電磁気学 筑波大学 システム情報系教授 安永 守利

講義の概要

大学1~2年生を対象とした電磁気学の基礎を解説する。電荷どうしに働くクーロン力からスタートし、場の概念(電場と磁場)について学び、電磁波の概念を理解する。また、電磁気学の応用技術についても解説する。
教科書「技術者のための電磁気学入門(コロナ社)」 https://www.coronasha.co.jp/np/isbn/9784339009040/

講師のプロフィール

安永 守利筑波大学 システム情報系教授
1958年 東京生まれ
1983年3月 筑波大学大学院工学研究科物理工学専攻(修士) 終了
同年日立製作所入社(中央研究所)スーパーコンピュータや脳型コンピュータのハードウェア開発を行う
1994年 博士号取得
1994年11月より、筑波大学助教授(電子・情報工学系)
2004年 筑波大学大学院教授(システム情報工学研究科)
超高速VLSI、再構成可能計算機、進化ハードウェア、脳型コン ピュータ、超高速信号伝送の研究を進める
主な著書は「集積回路工学(森北出版)」「技術者のための電磁気学入門(コロナ社)」