play_circle_outline
Previous

データサイエンス講義導入:SNS活用の分析におけるデーターサイエンスの活用

講義概要

この講義では、筑波大学・インテル社・つくば市の3者連携プロジェクトで地方自治体と市民社会の連携を強化するために、SNSコミュニティー(フェイスブックコミュニティー:つくば市民活動のひろば)を構築した。プロジェクト実施中、特定時期においてコミュニティー活動の低下の問題に直面し、その解析・解明のために用いたデーターサイエンス的研究手法を紹介する。

プロフィール

海後 宗男 筑波大学人文社会系
筑波大学人文社会系教授。筑波大学大学院人文社会ビジネス科学学術院人文社会科学研究群 国際日本研究学位プログラム、プログラムリーダー。筑波大学人文社会国際比較研究機構、機構長。筑波大学国際局国際室欧州地域責任者、ボルドーオフィス運営管理者。The Asian Media Information and Communication Centre日本国代表。

Muneo Kaigo is Professor of Communication and Media in the Faculty of Humanities and Social Sciences. Teaching in the Graduate School of Humanities and Social Sciences and the College of Comparative Culture at the University of Tsukuba, Tsukuba, Japan. Currently 1) the Chair for the Master’s and Doctoral Program of International and Advanced Japanese Studies in the Graduate School of Humanities and Social Sciences, 2) Director for the Institute for Comparative Research in Human and Social Sciences, and 3) Director for the University of Tsukuba office in Bordeaux, France. The Asian Media Information and Communication Centre, country representative for Japan.

公開