人工生命概論 筑波大学 システム情報系准教授 岡 瑞起

講義の概要

ALife(人工生命)は、コンピュータの力を借りながら、生きたシステムをゼロから構築することで「生命」の本質を探る研究分野です。本講義では、セルラーオートマトンやボイドモデルなど、さまざまなALifeの理論モデルについて、Pythonで書かれたコードを走らせながら体感的に学びます。

講師のプロフィール

岡 瑞起筑波大学 システム情報系准教授
筑波大学准教授。博士(工学)。IPA未踏IT人材発掘・育成事業PM。人工知能学会ウェブサイエンス研究会主査。株式会社ブランクスペース技術顧問。機械学習、深層学習、人工生命技術を使ったデータ分析・活用の研究を行う。大学での研究をベースに、新しい技術の社会実装に力をいれている。これまでに、人物検索エンジンの開発・運営、ウェブデータを用いた知の構造化、ソーシャルメディアの生物モデルからの分析、コミュニケーションにおけるデータの流れからコミュニティを活性化するアルゴリズムの開発などを行っている。近著『作って動かすALife – 実装を通した人工生命理論入門』