play_circle_outline
Previous Next

筑波大学と嘉納治五郎 〜逆らわずして勝つ〜6.オリンピック・ムーブメントの推進

講義の概要

東京高等師範学校の校長を23年半も務めた嘉納治五郎は、柔道の創設・普及はもちろん、教育改革や留学生教育、そして日本のスポーツの推進などに尽力した。また、アジア人初のIOC委員として、世界を駆け回り、オリンピック・ムーブメントの推進にも貢献した。嘉納治五郎の幅広い行動と理念について学ぶとともに、筑波大学に流れる嘉納のレガシー(遺産)を見いだす。
23年半の東京高等学校校長を務めた嘉納治五郎は、柔道の創造と普及だけでなく、日本の教育改革、留学生教育、スポーツ振興にも取り組みました。 さらに、アジアの最初のIOCメンバーとして、彼は世界中を走り、オリンピック運動の推進に貢献しました。 嘉納治五郎の様々な行動と哲学を学び、筑波大学のための嘉納の遺産を見いだしましょう。
新しいIOCメンバーのクーベルタンは、教育改革の熱心な熱狂者だった。嘉納は正しい人物だった。 彼はIOCメンバーとして就任した後何をしたのですか?

公開