第12回 2016年度光エレクトロニクス「太陽電池Ⅲ-出力電力と禁制帯幅」

筑波大学数理物質系の末益崇教授による講義(全13回)の第12回。 グリーンエレクトロニクスに欠かせないエネルギー源としての太陽電池は、情報通信基盤としての半導体レーザと、受光素子と発光素子の違いはあるが、どちらも半導体のpn接合で構成されている点が共通である。本講義では、固体物理をベースに、これらの動作原理を理解することを目標とする。
資料:
日 付: 2017年2月14日

タグ: , , , , , ,