play_circle_outline

「データ収集と分析の基礎」

講義の概要

筑波大学 大学院・図書館情報メディア研究科 鈴木佳苗先生による「データ収集と分析の基礎」の講義。
問題意識・関心を持った事柄についてデータを取るには、データの特徴や、分析にどのような方法があるかを知った上で、目的に合った方法を選択することが必要となる。データ収集・分析の方法を事例と共に紹介する。

プロフィール

鈴木 佳苗 図書館情報メディア系 准教授
お茶の水女子大学を修了、博士(人文科学)。児童青少年の活字メディア、映像メディア、電子メディアの利用実態とメディア利用が児童青少年の発達に及ぼす影響に関する研究を行っている。活字メディアとしては、図書、新聞、マンガなど、映像、電子メディアとしては、テレビゲーム、テレビ、インターネットなどが含まれる。影響の内容としては、学力的側面と対人的・心理的側面について広く検討している。

公開